地理空間情報技術で自治体、企業にイノベーションを。地域社会の新たな未来を切り拓くカナエジオマチックス

技術紹介

GISを活用した「課税特例」の適用と検証

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

 

 

弊社は長年培った地理空間情報技術(GIS)、固定資産業務における経験・知識にICT技術を融合し、
『所要の補正』における基準作りのコンサルティングから、現場調査、図面作成、システム搭載、
検証まで全てを支援致します。

 

「住宅用地特例」の検証

GISデータ(地番図、家屋図等)と課税情報を組み合わせ、GISの演算機能を駆使して、
課税誤りの可能性がある筆をピンポイントで抽出します。住宅用地の特例は、一度見落とすと
発見しにくいため、定期的に検証を行うと効果的です。

 

 

「所要の補正」の適用と検証

昨今、固定資産税に対する納税者の関心が高くなり、評価の細部まで確認されるケースも出ています。
『所要の補正』は、固定資産評価基準に明確な記載がないため、細心の注意が必要になります。 

 

トップへ