地理空間情報技術で自治体、企業にイノベーションを。地域社会の新たな未来を切り拓くカナエジオマチックス

技術紹介

地域づくりファシリテーション支援

地域づくり・まちづくりのために、住民が自ら政策形成に参加し、地域において役割を担うことが
求められています。これまで、「庁舎移転」「森林づくり」「空き家対策」など、様々な地域づく
りのテーマについて、住民や関係団体、専門家などを交えた場で様々な意見を引き出し、合意形成
を支援する「ファシリテーター」の役割をつとめています。こうして吸い上げられた住民の意見は、
計画策定業務等を通じ、より良い住民サービスや地域づくりに反映されていきます。 

 

 

オープンデータを活用した地域分析

「地理空間情報活用推進法」の理念の浸透や国・公的機関の情報公開の取り組みにより、オープン
データ(国勢調査などインターネットで一般に公開されている統計情報や国土地理院の電子地形図
など)の普及は著しいものがあります。
弊社では、これらの無償の「オープンデータ」と独自に調査・調製したデータをGISに取り入れ、
地理空間情報技術を活用して様々な「主題図」として視覚化します。文字や数字だけでは分かりに
くい地域特性や解決すべき課題が抽出されることで、的確な意思決定や地域の課題解決のための強
力なツールとなります。

 

 

トップへ